カメラ

α7iv買ったら装備したいアクセサリー「SmallRig L字型ブラケットSONY用 3660」

自分はSonyのα7ivを使っています。撮影スタイルとして三脚に乗せて撮影することが多いのですが、縦で撮ることもかなり多く横と縦を切り替えてのが縦も面倒でした。

α7iv

そんな時に見つけたのが『SmallRig L字型ブラケットSONY用 3660』でした。

SmallRig L字型ブラケットSONY用 3660って何

SmallRig L字型ブラケットSONY用 3660 正面

名前の通り、アルファベット「L」のような形をしています。

カメラの三脚穴にねじ止めしてつかうアクセサリーになります。

特徴として縦と横を簡単に切り替えて使うことができます。

外観

右側
後ろ側
裏側

カメラの各部に対応した形になっており、ボタンやバッテリー、各端子に問題なくアクセスすることが可能となっています。

アルミの合金でできており、軽量ながら、丈夫です。

また、地面などに置いたときにカメラが直接地面に触れないようにできるため、カメラの保護にも一役買っています。

【主な仕様】

対応機種 α7IV α7SIII α1
重さ 157g

使い方

三脚ネジ

カメラの三脚穴にセットして、ねじを回すだけでセット完了です。

外したいときも、ねじを逆に回すだけで外すことができます。

スライド機構

また、左側の端子を使いたいときは右側のネジを回して、部品をスライドするだけで端子類のカバーを開けることでき、端子が使えるようになります。

 

端子にアクセス可能

メリット

縦と横で素早く切り替えできる

このブラケットを使う最大のメリットが、縦と横を簡単に切り替えができるという事です。

三脚によっては簡単に縦構図に変更できるものもありますが、光軸からずれてしまったり

雲台の動きが制限されてしまうことも多いですが、このブラケットを使えば雲台の機能を損なうことなく使うことができます。

三脚につけてみた

なぜ簡単に構図の変更が簡単にできるのかというと、アルカスイス規格に対応しているからです。

そのため、三脚の雲台もアルカスイス規格に対応している必要があります。

アルカスイス互換とは

アルカスイスとは、アルカスイス社という雲台を作っている会社の名前です。

アルカスイス社の雲台に互換性を持たせた製品が様々なメーカーから発売されています。

なので、アルカスイス互換と書かれた雲台やクイックシューであれば、メーカーに関係なく使用することが出来ます。

いわば、雲台の共通規格となっています。

必要な工具はマグネットで内蔵

六角レンチ
コインドライバー

ブラケット本体右側の部分の取り外しや調整をするための六角レンチと三脚に取りつけるときに使用するコインドライバーもマグネットでくっ付いています。

そのため、使いたいときにいつでも使用することができます。

小指部分がラバー加工され持ちやすさもアップ

ラバー加工

カメラ本体のグリップ部分のラバー加工と同じようにブラケットにもラバー加工がされています。これにより、手触りの違和感が少なく自然な形で使うことができます。

小指余りも解消することができ、滑り止めにもなるため、落下防止の役割もあります。

デメリット

重さとサイズが大きくなる

重量アップしてしまう

冒頭にもある通り、重さが152gあるためカメラの重さにその分がプラスさらに重くなってしまいます。

また、同様に高さについても一センチ程度ですが、大きくなります。

しかし、これには一長一短な部分があり、大きいレンズや重いレンズをつける際には重量バランスがとれるため、持ちやすくなることもあります。

自分の撮影スタイルやレンズにあわせて選ぶことが重要です。

バッテリー交換時にひと手間が必要

バッテリーの蓋

そのままでは、バッテリー交換をする際ブラケット下部にバッテリー蓋が干渉してしまうため、開くことができません。

そのため、蓋を開けることができるようにレバーがついています。

バッテリーを交換する際は、レバーをずらしてからバッテリー蓋のロックを解除することで蓋が開き交換することが可能になります。

バリアングルモニターを開くのに工夫が必要

バリアングルモニター

液晶モニターを開き回転させると、縦側のレールに引っかかってしまいます。

そのため、あらかじめ画面を反転させておくと、スムーズに使用することができます。

まとめ

  • 縦と横を簡単に切り替えができる
  • アルカスイス規格に対応
  • 必要な工具はマグネットで収納、いつでも使える
  • 小指あまりを解消することができる

不便なところもいくつか書きましたが、縦と横の素早い切り替えと、持ちやすさが向上することから、自分はブラケットを購入してからずっとつけっぱなしにしているぐらいお気に入りのアクセサリーです。