パソコン

USB端子の少ないノートパソコンにはこれ!「Anker PowerExpand+ 7-in-1」

M1Macを買って思ったこと、それはUSB端子が少ないことです。

2ポートしかないので、USBメモリーなどのアクセサリーや有線LANなど色々な物をつなぎたい人にはちょっと物足りないといったところ。

USB-Cが2ポート

そんな時に便利なのが「Anker PowerExpand+ 7-in-1」です。

これ1台あれば一通りなんでも繋げることができるといったのものです。

M1Macを使うときにほぼ毎回一緒に持ち歩いているものです。

外観はこんな感じ

本体
端子はType-C

 

外観はアルミニウムのような金属感があり、高い質感です。

端子はtype-cとなっていて、type-cに対応したノートパソコンやタブレットなどで使用することができます。

接続できる端子はこれ

HDMI端子・SDカードスロット・充電端子
USB3.0ポート
有線LANポート
  1. HDMI端子(4K30pまで対応)
  2. SDカードとmicroSDのカードリーダー
  3. Type-C端子 (PD充電と給電に対応)
  4. USB3.0 ポート×2
  5. LANポート

これだけの端子類をこれ1台でつなげることができるので、Macの使い勝手がめちゃくちゃ良くなると思います。

また、microSDカードをそのまま刺すことができるので、SDカードに変換するアダプターを持ち歩く必要もありません。

モニター出力は4K30Hzまで

今回のアダプターはかなり色々な端子を刺すことができますが、唯一注意しなければならないことがあります。

それは「4K」のモニターで使用する場合です。

4Kの場合は、4K30Hzまでとなっているため、普段60Hzで使用している方には、なめらかさが足りないように見えるので注意が必要です。

なお、普段フルHDモニターを使用している人に関しては、1080p60Hzに対応しているので問題なく使用することができます。

まとめ

  • アルミニウムのような金属感があり、質感が高い
  • type-cに対応したノートパソコンやタブレットなどで使用することができる。
  • これ1台あればHDMIからUSB3.0まで接続できる
  • モニター出力は4K30Hzまでなので注意が必要