スマホ

荷物を軽くできるモバイルバッテリー「Anker PowerCore III Fusion 5000」

旅行へ行くときに、荷物は軽くしたいものですよね。

今までもモバイルバッテリーを使ってきましたが、

いくつかの問題がありました。

それは、充電の速度が遅かったり、2個別々に持ち歩かなればならなかったりと、かさばってしまうことです。

今回は、便利なバッテリー「Anker PowerCore III Fusion 5000」を見つけたので紹介していきます。

外観と付属品

今回紹介するバッテリーは「Anker PowerCore III Fusion 5000」になります。

残量確認ボタン

上部の丸いボタンを押すことで、バッテリーの残量を確認することができます。

持ち運びに便利なポーチつき
PD充電に対応したケーブル (2m)

充電器とケーブルがセットになっているため、別々に買う必要がなく、買ってその場で使うことができます。

※現在では、今回紹介したケーブル付きのものは在庫なし。

1台2役のモバイルバッテリー

このバッテリーの特徴は、モバイルバッテリー兼AC充電器となっています。

コンセントがついているので、普段は家のコンセントに刺しておいてスマホやタブレットを充電することができます。

持ち出すときは、コンセントから抜くだけでモバイルバッテリーとして使うことができます。

このモバイルバッテリーの最大の特徴はスマホを充電するだけで、バッテリーも勝手にされるところ。

①スマホの充電を始める

②スマホの充電が完了する

③自動的にモバイルバッテリーの充電がされる

という流れで充電がされていきます。

このおかげでいざ出かけるときにモバイルバッテリーの充電が無いということを減らすことができます。

急速充電に対応

 

タイプCとタイプAの2ポートがあります。

上のタイプCポートはUSB Power Delivery(PD充電18W)に対応しています。また、下のポートは Quick Chargeに対応しています。

USB-C Lightningケーブル

iPhone12以降に付属している、「USB-C Lightningケーブル」を使用することで

iPhone12を0から50%までを30分で充電することができます。

 

USB Power Deliveryとは

急速充電の規格のひとつで、従来の充電器よりも高速に充電することができます。

商品によっては最大100Wでの出力が可能な規格です。※今回紹介する商品は18Wとなっています。

まとめ

いかかでしたか?

荷物を軽くしたい人や、モバイルバッテリーの充電を忘れがちな人はぜひチェックしてみてください。